スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sublimetext3 で選択した部分の数値を1ずつカウントアップをするプラグイン

sublimetext3 で数値のインクリメントをするプラグインを見つけたのでやり方をメモ。
10個くらいの数値をインクリメントする時にめっちゃ便利。
まずは、パッケージコントローラーで”Increment Selection”をインストール。

次にインクリメントしたい文字列を個数分コピペ
DATA_1,DATA_1,DATA_1,DATA_1,DATA_1,DATA_1,DATA_1,DATA_1,DATA_1
そしたら、「1」の部分だけ選択して、command + d で、選択している部分と同じ文字を選択していく。

選択し終わったら、 command + shift + p でパレットを出して、Increment Selection を選択すればインクリメントされる!
DATA_1,DATA_2,DATA_3,DATA_4,DATA_5,DATA_6,DATA_7,DATA_8,DATA_9


使用頻度によっては、ショートカットにしても良いかも。

参考サイト
Increment Selection
SublimeText3を2年以上使って、生き残ったPluginを紹介します。
スポンサーサイト

Sublime Text のAlignmentの設定の仕方

Sublime Text のAlignmentの設定の仕方のメモ。
インストールは、パッケージインストーラーで「Alignment」を入れればOK。

Preferences > Settings - User に下記を追加
"alignment_chars": 
[
":", "=", "=>"
],
"alignment_space_chars":
[
"=", "=>"
]


デフォルトのショートカットがSublimeLinterとかぶっていたので、ショートカットを変更
Preferences > Key Bindings - User に下記を追加
{ "keys": ["ctrl+i"], "command": "alignment" },


これは便利すぎ!

参考サイト
sublime text3の環境を整えた
Sublime Textの作業効率を飛躍的に上げるプラグイン31個

Sublime Text で「unknown encoding: GBK」とか出た時の対処法

Sublime Textで作業中、保存しようとすると急に
Can not convert file encoding of NinpuCordinateController.php to GBK, it was saved as UTF-8 instead:
unknown encoding: GBK
みたいなダイアログが発生した。
201502281.png

原因は
Command+Shift+C
のショートカットが「中国語繁字体(GBK)にエンコード」というのに割り当てられているのが原因のようです。

201502282.png

解決方法は、ConvertToUTF8が入っていれば、
「File」>「Set File Encoding To」> 「UTF-8」
でUTF-8に戻してあげればOK。

ショートカットは、
Preferences > Key Bindings – User
で、
{
"keys": ["shift+super+c"],
"command": "null"
}
を設定しとくと、もう勝手になることはなくなります。

参考サイト
[Sublime Text]Command+Shift+CでGBKにエンコードされないようにする
SublimeTextが文字コード変換に意外に使える件

開いたファイルのインデントが自分の設定と違う時

開いたファイルのインデントが自分の設定と違う時に、いつもインデント直すの面倒なので。
View > Indentation > Tab Width で、タブのサイズを変更して、
View > Indentation > Convert Indentation To tabs(Spaces) で、タブかスペースに変換される。

参考サイト
Sublime Textでインデントを綺麗に治す方法

Sublime Text 3で、拡張子ごとに設定を変更する方法

Sublime Text 3で、拡張子ごとに設定を変更する方法のメモ。
基本設定 - 基本設定-拡張 - シンタックス指定-ユーザー
で、HTML.sublime-settings と言うのが出来るので
{
"tab_size": 2,
"translate_tabs_to_spaces": false
}

とかって書いて、保存すればOK。

HTML.sublime-settingsを
PHP.sublime-settingsとか、CSS.sublime-settingsとかにすれば、各拡張子で指定が出来る。

保存場所は、
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\User\
にある。

プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。