スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xcode 8.3 でビルドした時に “The following binaries use incompatible versions of Swift:” のエラーが発生

Xcode 8.3.3 でビルドした時に “The following binaries use incompatible versions of Swift:” のエラーが発生したので、その対処法をメモ。

swift2 から swift3のソースにした関係で、同じプロジェクト上にswift2とswift3が混在してるからダメだったみたい。
下記を試したら治った。


  1. "Product - Clean" で、プロジェクトをクリーン

  2. Xcodeを閉じる

  3. derived dataを削除
    derived dateの場所は Xcode -> Preferences -> Locations にDerived Dataと記載があるので、そこのパスにいく。
    そこに"プロジェクト名 + ランダムな英数字"のディレクトリがあるので、それを丸ごと削除する

  4. Xcodeを再度立ち上げる



参考サイト
Mixing SWIF 2.3 and SWIFT in same project
Xcode 8 beta 4: Build fails with “The following binaries use incompatible versions of Swift:” error
スポンサーサイト

iTunesConnectにアップロードする時に「No. app bundles found in the package」エラーが発生した

iTunesConnectにアップロードする時に「No. app bundles found in the package」エラーが発生したので、その対象方法のメモ。

原因は、macOS Sierra で Xcode 7 でビルドしたのをアップロードすると起きるらしい。
Xcode を最新にして、ビルドすればなんの問題も起きないが、swiftのバージョン変わったりでなかなかサクッとは出来ないので、Xcode 7でビルドしたものをアップする方法。

まずは、Xcode7 でビルド(アーカイブ)する。
そして、Xcode8などの最新のXcodeでそれをアップロードすればOK。

参考サイト
macOS Sierra x Xcode 7 で AppStore に Submit できない問題にぶち当たった話
xcode 7.3.1 ERROR ITMS - 90167 No. app bundles found in the package
Xcodeの複数バージョンを共存

xcodeで違うバージョンをインストールして実機ビルドした時にエラー

xcodeで違うバージョンをインストールして実機ビルドした時にエラーが出たのでその時の対象方法をメモ。
xocdeを複数インストールする方法はコチラなどを参照。

A valid provisioning profile for this executable was not found.

参考サイトのように、確かにプロビジョニングプロファイルがインストールされていなかった。
iPhone構成ユーティリティも何故かクラッシュして動かなかった。。
プロビジョニングプロファイルをインストールをしようとしたが、既存のものでは動かなかったので、作り直して再度設定したら、動くようになった。


参考サイト
App installation failed / A valid provisioning profile for this executable was not found.
xcodeで実機インストールが失敗する

This device is no longer connected.

再起動して、もう一度macにつなぎ直したら直った。

参考サイト
Xcodeのエラー"This device is no longer connected"


Could not find Developer Disk Image

xcodeのバージョンを7.3.1に落として開発をしていて、iPhoneを10.1.1にしてしまっていたので、古いバージョン(7.3.1)ではiOS10は使えませんよって言うエラーのよう。

最新版のxcodeでアプリケーションのXcodeをパッケージ内容を表示で開いて、
Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/DeviceSupport/
にある、10.1のディレクトリをコピーして、もう一つインストールしている7.3.1のXcodeをパッケージ内容を表示で開いて、同じ場所にコピペし、Xcode再起動で実機にインストール出来るようになった。

参考サイト
Could not find Developer Disk Imageの解消法
【iOS】端末をアップデート後、Xcodeで実機に書き込めなくなった場合

pod setupしたら「Setting up CocoaPods master repo」で止まった時の解決方法のメモ

pod setupしたら「Setting up CocoaPods master repo」で止まった時の解決方法のメモ。
pod setup --verbose
で、どこで止まっているのかを確認する。
今回は、git cloneで止まっていたので、そこを自分でcloneしてくる。
$ cd ~/.cocoapods/repos
$ git clone https://github.com/CocoaPods/Specs.git master
してから、
pod setup --verbose
してみると、うまくいった。

$ pod repo remove master
$ pod setup
$ pod install
でもうまくいくのかも。

参考サイト
pod setupしたら「Setting up CocoaPods master repo」から進まない問題

xcode7のsymbolicatecrashの位置

xcode7でsymbolicatecrashの位置がまた変わってるみたいなのでメモ。

/Applications/Xcode.app/Contents/SharedFrameworks/DVTFoundation.framework/Versions/A/Resources/symbolicatecrash

ちなみに

xcode6
/Applications/Xcode.app/Contents/SharedFrameworks/DTDeviceKitBase.framework/Versions/A/Resources/symbolicatecrash

xcode5以前
/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/Developer/Library/PrivateFrameworks/DTDeviceKitBase.framework/Versions/A/Resources/symbolicatecrash

プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。