Tweenクラスの使い方

Tweenクラスの使い方のメモ。

// 横に移動
var myTween:Tween = new Tween(_mc1 , "x" , Regular.easeOut , _mc1.x , _mc1.x+100 , 1 , true);
myTween.start();

// フェードイン
var tw2:Tween = new Tween(mc2, "alpha", Regular.easeInOut, 0, 1, 1,true);
tw2.start();
// アニメーション完了後
tw2.addEventListener(TweenEvent.MOTION_FINISH, Main.onCrossFadeMotionFinished);


参考サイト
Tweenクラスでムービークリップをトゥイーンさせる[3-4]
MotionFinish in AS3
スポンサーサイト

URLLoaderで読み込んだ画像を使いまわす

URLLoaderで読み込んだ画像を使いまわす方法。
普通に

var urImage:URLRequest = new URLRequest( url );
var myLoader:Loader = new Loader();
myLoader.contentLoaderInfo.addEventListener(Event.COMPLETE, imageLoadComplete(myLoader));
myLoader.load(urImage);

で読み込んで、完了イベントで

private static function imageLoadComplete(myLoader):Function
{
return function(e:Event)
{
_root.mc1.addChild(myLoader);
myLoader.width = 100;
myLoader.height= 100;
_root.mc2.addChild(myLoader);
}
}

みたいに、サイズだけ変えて使いまわしたい時、上記だと使いまわせない。
下記のようにBitmapにコピーしてから使いまわす。
うまくいくし、早いらしい。

var bmData:BitmapData = new BitmapData(myLoader.width, myLoader.height);
bmData.draw(myLoader.content);
var bm:Bitmap=new Bitmap(bmData);
_root.mc1.addChild(bm);

bmData = new BitmapData(myLoader.width, myLoader.height);
bmData.draw(myLoader.content);
var bm2:Bitmap=new Bitmap(bmData);
bm2.width = 100;
bm2.height=100;
_root.mc1.addChild(bm2);

flashのas3で印刷対応させる方法

今度やるかもしれないのでメモ。
まだ実際には試してません。

flashのas3で印刷対応させる方法
as3での印刷についてまとめてみた

as3で外部イメージファイルを読み込んでスムージングをかける

Loaderで読み込みが完了してから、Bitmap.smoothing = trueにすればOK.

サンプルクラスは下記。

package
{
import flash.display.*;
import flash.events.*;
import flash.net.URLRequest;

public class ImageLoad extends Sprite
{
public static const INIT = "initLoad";
public var loader:Sprite = new Sprite();
private var imgLoader:Loader = null;

/**
* 画像読み込み
*/
public function ImageLoad(tURL:String = null):void
{
if(tURL != null){
// URLRequestクラスを 読み込むパス tURL を元に作る。
var urImage:URLRequest = new URLRequest( tURL );

// Loader(読込)オブジェクトを作成、設定。
this.imgLoader = new Loader();

// URLRequestを読込に設定。
this.imgLoader.load( urImage );

this.imgLoader.contentLoaderInfo.addEventListener(Event.COMPLETE, onCompleteHandler);
}
}

// 読み込み完了イベント
private function onCompleteHandler(e:Event){
loader.addChild(imgLoader);
var bmp = Bitmap(imgLoader.content);
bmp.smoothing = true;

dispatchEvent(new Event(INIT));
}

}
}


使う方は

import ImageLoad;
var img1 = new ImageLoad("/img/fla/scene1_img1.jpg" );

半透明のマスクをas3でかける

半透明のマスクをかけるのは普通にやってもダメだったのでメモ。

var mc:MovieClip = 文字とかコンテンツのムービークリップ;
var mc_mask:MovieClip = マスクする半透明ムービークリップ;
mc.mask = mc_mask;


これだけだと、マスクはかかるが、半透明ではなくなる。

var mc:MovieClip = 文字とかコンテンツのムービークリップ;
var mc_mask:MovieClip = マスクする半透明ムービークリップ;
mc.cacheAsBitmap = true;
mc.mask_mc.cacheAsBitmap = true;
mc.mask = mc_mask;


このように、cacheAsBitmap をtrueにすれば半透明になった。
コンテンツも、マスクのムービークリップも両方ともでないと、効果なし。

プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事