スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneアプリの申請に使うApplication Loader.appのインストール

次にインストールする時に忘れそうなのでメモ。

1.iTunes Connectでアプリを申請して、ステータスをWaiting For Uploadにしておく。
2.iTunes Connectのフッター部分にApplication Loaderのドキュメントへのリンクがあるので、ドキュメント(pdf)を開く。
3.ドキュメントのInstalling Application Loaderの項目にある、Application Loader.appのダウンロードリンクから取得する。(2011.04.20時点でバージョンは1.3)
4.ダウンロードしたのをダブルクリックでインストール
5.インストールすると/Developer/Applications/Utilitiesフォルダーに入る。(インストール先変えてなければ)
6.Application Loader.appをダブルクリックで起動すると、iTunes ConnectのログインIDとか聞かれるので入力。
7.アップロードするアプリを選択する。
8.選択したら、sendをクリック。
9.iTunes ConnectのステータスがUpload Receivedになる。

そして審査中は以下のステータスが表示される。
-waiting for review(審査待ち)
-in review(審査中)
-ready for sale(リリース準備完了)

審査が通れば、ready for saleに切り替わってから24~72時間程度でApp Storeで公開。
リジェクトされるとappleからメールがくる。

大変だった~
スポンサーサイト

iPhoneアプリ申請の時に参考にしたサイト

「iphoneアプリ 申請」とかでググると結構色んな人のが出てくるけど
時期によって記入項目がマチマチなので、2011/04/14現在で参考にしたサイトをメモ。

一番現状に近かったとこ
http://blog.livedoor.jp/tattyamm/archives/1177705.html#


その他、ちょっと違かったけど参考にしたとこ
http://lab.studioheat.com/?p=473
http://gihyo.jp/dev/serial/01/iphone/0010?page=1

プロビジョニングファイルのエラー

iPhoneアプリを実機転送する時に出る
プロビジョニングファイルのエラーの対処法がまとめてあるサイトをメモ。

ocos2dを使ったiPhoneアプリ制作を解説してみる|プロビジョニングファイルエラー

プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。