スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GoogleAnalyticsで+1やTwitter、Facebookのソーシャルトラッキングを行う方法

GoogleAnalyticsで+1やTwitter、Facebookのソーシャルトラッキングを行う方法が載ってたので忘れないようにメモ。

http://blog.caraldo.net/2011/07/googleanalytics_twitter_faceboo.php
スポンサーサイト

app storeに申請する時に、iTuneConnectに登録する内容

・iTunes Connectへ移動。読んで同意する。
・「Manage Your Applications」の「Add New Application」をクリック
・「Primary Language」は「English」がおすすめ。(これを選択すると、アプリの英語版を必ず出す必要があります。絶対に日本語でしかアプリをリリースしない場合ここはEnglish以外でも良いですが、後で英語版を出す作業が非常に面倒になります。)
・Apple Storeに表示されるcompanyまたはdeveloper nameを入力。
・※この2つとかは後で変更できないらしいので注意。

・Application name - 英語版の場合の名前
・SKU Number - 他のアプリとかぶらない任意の番号
・Bundle ID - xcodeで設定した内容
・Availability Date - app storeに出る日
・Price Tier - 値段
・Discount for Educational Institutions- 教育機関向けの割引?
・売る国を選ぶ場合ここで設定

・Version Number - バージョン。プロジェクトと同じ数字にする
・Description - アプリの説明、英語
・Primary Category(カテゴリ1)Secondary Category(カテゴリ2)
・Keywords - キーワード。カンマ区切りで入力
・Copyright - 例を参考に入力
・Contact Email Address - 表示されるメアド。
・Support URL - アプリのサポートのためのサイトを記入
・App URL (optional) - 自分のアプリの紹介サイトを記入
・Review Notes (optional) - アプリ審査の為の追加情報。ユーザー登録が必要なアプリなら、サンプルのアカウントを書いたりする?
・Rating - レーティング。適切に選択。それぞれ、None Infrequent/Mild Frequent/Intenseを選ぶ。
Cartoon or Fantasy Violence
Realistic Violence
Sexual Content or Nudity
Profanity or Crude Humor
Alcohol, Tobacco, or Drug Use or References
Mature/Suggestive Themes
Simulated Gambling
Horror/Fear Themes
Prolonged Graphic or Sadistic Realistic Violence
Graphic Sexual Content and Nudity

・EULA - End User License Agreement (EULA)を自分で設定したい場合はここで設定する。設定しないならば、標準的なものが適用される?
・Images - スクリーンショットとかを指定する。
・確認画面みたいなのになるので、「View Details」で確認する。


【日本語の設定】
・「Manage Localizations」をクリックして、日本語を追加していく。「Add New Language」をクリック。
・Language - Japaneseと選び、後は先ほどと同じ事を日本語でやる。スクリーンショットは先ほどと同じのがデフォルトで選択されているみたいですが、英語と日本語で画面違うんですよね・・・。とりあえず日本語のに差し替え。
・終わったらDoneみたいの押す


【バイナリファイルのアップロード】
※この手順はXcode4の場合、別の方法が用意されています。詳しくはこちら。
・「Ready to Upload Binary」をクリック
・輸出に関する法律で、暗号化技術とか輸出制限があるらしいです。そういう技術をつかっているかどうかでYes/Noを選択。今回はNo
・バイナリファイルを提出するには専用のアップローダーが必要なようです。「Download App Loader」をクリック
・保存した「ApplicationLoader_1.3.dmg」とかをダブルクリックしたり同意したりしてインストール。
・「/Developer/Applications/Utilities/Application Loader.app」か「/Developer/Applications/Utilities」にApplication Loaderがあるはずなので、起動。
・IDとpassを入力
・アップロードするアプリを選択
・エラーが出なくなるまで修正を続ける
・無事に遅れたらOK。
・iTunes Connectのアプリ詳細画面のStatusが「Upload Received」になっていれば大丈夫。これが何日かすると「Waiting For Review」になるようです。後は審査結果を待ちましょう。

Application Loaderでアップする時、「No eligible applications were found.」が出る

Application Loaderでアップする時、「No eligible applications were found.」が出た時の対処法。
エラーの内容は、ログインしているiTunesConnectでアップすべきバイナリーデータが無い場合に出るエラーらしい。
Application Loaderは、一度設定しておくと、前回のログイン情報とかも保持したままでいてくれるから、それが原因で違うIDでiTunesConnectで作業してたものは、そっちでログインしないといけなくて、それが原因で今回のエラーが出てたっぽい。

解決法は、Application Loaderの上のメニューで
1.window - Run Setup Wizard... を選択
2.Next で、ID,PWを入力する画面に行くので、入力する。
3.Done をクリック
4.上部メニューのFile - Openでzipで圧縮したのを選べば後は、アップ出来るようになる。


iphoneアプリ転送時のビルドエラー

iphoneアプリを実機に転送した時に出た下記のエラーの解決策

1.

Code Sign error: Provisioning profile '{iOS Provisioning Portal で登録したApp IDs}' specifies the Application Identifier '{iOS Provisioning Portal で登録したBundle Identifier}' which doesn't match the current setting 'com.yourcompany.アプリ名'


これは、xcodeの方で上記の設定がうまく設定出来てない時に起こる。
Bundle Identifier (App ID Suffix)を
"com.domain.*"とか、"*"だけにした時は多分出ないエラーだと思う。

解決策は、xcodeのResourcesにある、"アプリ名-info.plist"を開いて
"Bundle identifer"を、iOS Provisioning Portal で登録したBundle Identifierと同じにすればOK。


2.

Code Sign error: Provisioning profile 'xxx' can't be found

xxxは、Profile Identifier が表示される。
このエラーは、色んな解決方法があるらしい。

■解決策1
プロジェクトを右クリック→情報を見る→ビルド -「コード署名」欄のプロファイルを確認する。

■解決策2
1.プロジェクトファイル(プロジェクト名.xcodeproj) -> 右クリック -> パッケージの内容を表示 -> project.pbxproj をテキストエディタで開きます。

2.「PROVISIONING_PROFILE =」で検索した行を全て削除。
3.削除後、クリーンアップしてからビルド


参考サイト

Code Sign error:Provisioning profile 'xx' can't
ビルドした時に「Code Sign error:Provisioning profile…」というエラー


3.

Couldn't register xxxx.xxxx with the bootstrap server. Error: unknown error code.
This generally means that another instance of this process was already running or is hung in the debugger.プログラムはシグナルを受信しました:“SIGABRT”。

これは、実機にインストールした時にxcode側で強制終了してしまって、実機の方では実行中ステータスが残ったままなのでインストール出来ないと言うエラーらしい。
iPhoneを再起動すればOK.

参考サイト
iPhoneでアプリケーションインストール中にエラーとなった場合の対処

UIWebViewで背景を透明にする方法

UILabelとかに下線引いたり、一部分だけ文字の色を変えたりしたいと思ったのがきっかけですが
なかなか実現する方法が無くて・・・。
TTStyledTextLabelって言うのを使えば出来そうな感じだったんですが、いまいち使い方がわからなかったので、悩んでたところ思いついたのがUIWebViewでHTMLを読み込む方法。

ローカルにファイルを作成して読む方法もあったけど、もう少し簡単に出来る方法があったのでメモ。


UIWebView* transWebView = [[UIWebView alloc] initWithFrame:CGRectMake(0, 0, 320, 480)];

NSString* innerHTML = @"hogehoge";
NSString* outerHTML = @"%@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
";

NSString* htmlString = [NSString stringWithFormat:outerHTML, innerHTML];

[transWebView setBackgroundColor:[UIColor clearColor]];
[transWebView setOpaque:NO];
[transWebView loadHTMLString:htmlString baseURL:nil];

[[self view] addSubview:transWebView];

[transWebView release];


1.webViewのbackgroundColorをclearColorに
2.webViewのopaqueをfalseに
3.webView内のbodyのbackground-colorをtransparentに

参考サイト

UIWebViewの背景を透明にしてみよう!

助かりました。

UITableViewで削除時にエラー

UITableViewの編集モードで、削除ボタンを押した時に下記のようなエラーが出た。

Terminating app due to uncaught exception 'NSInternalInconsistencyException', reason: 'Invalid update: invalid number of rows in section 0. The number of rows contained in an existing section after the update (2) must be equal to the number of rows contained in that section before the update (2), plus or minus the number of rows inserted or deleted from that section (0 inserted, 1 deleted)


原因は、テーブル作成時のNSArrayとかも削除していなかったから。
同期が取れなくて、件数が合わなかったのが原因のようでした。

参考サイト

[iOS]UITableViewの利用時のエラー

iPhoneアプリからメーラーを本文付きで起動する方法

本文を指定する方法

[[UIApplication sharedApplication] openURL:[NSURL URLWithString:@"mailto:hoge@hoge.com?Subject=fuga&body=test"]];


・mailto:の後に、メールアドレスを設定。
・Subject=の後に、メールのタイトルを設定。
・body=の後に、メール本文を設定。

Subjectとbodyに設定するテキストは、UTF-8エンコードしておくこと。

参考サイト

iPhoneアプリからメーラーを本文付きで起動する

プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。