スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOS5にアップデートしたらSA_OAuthTwitterEngineの調子がおかしくなった時の対処法

iPhoneアプリから、Twitter連携する時に
SA_OAuthTwitterEngine
を使っていた。

iOS5にしたら(多分このタイミングからだとは思うが・・・)認証が通らなくなってしまった。

- (void) OAuthTwitterController: (SA_OAuthTwitterController *) controller authenticatedWithUsername: (NSString *) username {
NSLog(@"Authenicated for %@", username);
}

の部分で、

Authenicated for (null)

となってしまっていた。

これの解決法は、ライブラリの中のSA_OAuthTwitterEngine.mの

- (SA_OAuthTwitterEngine *) initOAuthWithDelegate: (NSObject *) delegate {
if (self = (id) [super initWithDelegate: delegate]) {
self.requestTokenURL = [NSURL URLWithString: @"http://twitter.com/oauth/request_token"];
self.accessTokenURL = [NSURL URLWithString: @"http://twitter.com/oauth/access_token"];
self.authorizeURL = [NSURL URLWithString: @"http://twitter.com/oauth/authorize"];
}
return self;
}

というメソッド中ののURLを指定する部分を

self.requestTokenURL = [NSURL URLWithString: @"https://twitter.com/oauth/request_token"];
self.accessTokenURL = [NSURL URLWithString: @"https://twitter.com/oauth/access_token"];
self.authorizeURL = [NSURL URLWithString: @"https://twitter.com/oauth/authorize"];

とする。
http://~

https://~
に変えただけ。

急に出来なくなってびっくりしました。。。
スポンサーサイト

symfony1.4で、認証まわりのまとめ

sfBasicSecurityUserを継承したクラスとかで。

■ログイン処理とか

public function login($userId, $credentials)
{
$this->setAuthenticated(true);
$this->addCredential($credentials);
$this->setAttribute($credentials.'UserId', $userId, $credentials.'User');
}


■ログアウト処理とか

public function logout($credentials)
{
$this->setAuthenticated(false);
$this->getAttributeHolder()->removeNamespace($credentials.'User');
$this->clearCredentials();
}


■ログイン済みかどうか

public function isAuthenticated()
{
return $this->isAuthenticated();
}


■credentialsを持っているかどうか

public function hasCredential($credentials)
{
return $this->hasCredential($credentials);
}

sfWidgetFormJQueryDateで、年のレンジを指定する方法

sfWidgetFormJQueryDateで、年のレンジを指定する方法をメモ。

$years = range(date('Y'), date('Y')+5);
$date_widget = new sfWidgetFormDate(
array('years' => array_combine($years, $years),
'format'=>'%year%年%month%月%day%日'
)
);
$this->widgetSchema['key'] = new sfWidgetFormJQueryDate(array('date_widget'=>$date_widget));


これで、今年から5年後までの指定が可能になる。

プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。