article, section, div の使い方について参考にしたサイト

article, section, div の使い方について参考にしたサイトのメモ。

http://hyper-text.org/archives/2011/07/html5_mistakes.shtml
http://html-five.jp/101/
http://www.html5-memo.com/mdn/mdn04/
http://html5doctor.com/

要は、レイアウト(2カラムとか3カラムにするcss)は div で。
その部分だけで完結(その部分だけ外出ししても内容がわかる)するものは article
section は、アウトランを区別する時に区切るタグって感じでしょうか。

article とか、section にスタイル(背景とか文字色とかマージンなど)を適用させるのはOKっぽい。

アウトラインをチェックするツールがいくつかあるようなので
それでチェックしながら進めていく感じですかね。

HTML5 Outliner (Google Chrome)
HTML 5 Outliner
スポンサーサイト

ドメイン移管と譲渡の違いについて

ドメイン移管と譲渡の違いについて、
恥ずかしながら違いがよくわかっていなかったのでメモ。

ドメイン移管・・・
 ドメイン所有者は変更せずに、管理をほかの業者にする場合

ドメイン譲渡・・・
 ドメインの所有者自体を変更する

今回行うのは、ドメイン譲渡。
お名前.com 同士なら、ID付け替えと言うのをすれば良いらしい。



HeidiSQLでSSHトンネル接続

HeidiSQLでSSHトンネル接続をする時の設定方法のメモ。


  1. 左下の"New"で、新規の接続設定画面を開く

  2. "Settings"タブにデータベースの接続情報を設定

    • Network type: MySQL(SSH tunnel)を選択

    • Hostname/IP: データベースサーバーのIPまたや、host名を設定

    • User: データベースのユーザー名

    • Password: データベースのパスワード

    • Port: データベースに接続する時のport

    • Databases: 表示させるデータベース名。セミコロン区切りで複数せって可能


    HeidiSQLでSSHトンネル接続1

  3. "SSH tunnel"タブに、トンネル設定しているサーバー情報を設定

    • plink.exe location: plink.exeへのパスを設定。puttyとかが入っていれば、その中に入っています。
      無ければ、Download plink.exe からダウンロードして、パスを設定すればOK

    • SSH host + port: 接続先のhost名 + port

    • Username: シェルログインユーザー

    • password: シェルログインパスワード

    • Private key file: シェルログイン時に使用している場合は、秘密鍵のパスを設定

    • Local port: 初期表示のまま3307に。他で使っていれば、適宜変更


    HeidiSQLでSSHトンネル接続2



これで接続が出来るようになります。

MySQLのGUIツール HeidiSQL

MySQLのGUIツール HeidiSQLの機能についてメモです。

サーバー間で、データのエクスポートしてインポートしたり
トンネル接続をサポートしてたりと、結構色々な機能がついていて、重宝してます。

プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事