スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

webフォント使用時にFailed to decode downloaded fontが出た時の対処方法

webフォント使用時にFailed to decode downloaded fontが出た時の対処方法をメモ。
chromeなどでconsoleを見てみると、下記のようなworningが出ていた。
Failed to decode downloaded font: [アイコンフォントのURL]
OTS parsing error: post: table overruns end of file
OTS parsing error: incorrect file size in WOFF header

原因は、gitで管理していたため、gitの方でバイナリファイルと認識されずに、改行コードが変換されてしまった事が原因だった。

対処方法は、「.gitattributes」にフォントファイルをバイナリである事を認識させる。「.gitattributes」の
# Denote all files that are truly binary and should not be modified.
の下に、下記などを追加すればOK
*.otf binary
*.eot binary
*.svg binary
*.ttf binary
*.woff binary
※ 他に改行コードを変換せずにバイナリと認識させたい拡張子のものがあれば、ここに追記すれば OK。

参考サイト
『Failed to decode downloaded font』から始まるエラー
スポンサーサイト

cakephp3でfixtureをdefaultのデータベースから作成する方法

cakephp3でfixtureをdefaultのデータベースから作成する方法のメモ。
cakephp2だと、対話形式でこれが出来たけど、cakephp3ではbakeする時にパラメータを付ける。
bin/cake bake fixture -r -n 100 -f -s モデル名
でOK。
-n オプションの100を10とかにすれば、10件分だけ作る。
オプションの一覧は下記。
--conditions      The SQL snippet to use when importing records.
(default: 1=1)
--connection, -c The datasource connection to get data from.
(default: default)
--count, -n When using generated data, the number of records to
include in the fixture(s). (default:
1)
--force, -f Force overwriting existing files without prompting.
--help, -h Display this help.
--plugin, -p Plugin to bake into.
--quiet, -q Enable quiet output.
--records, -r Generate a fixture with records from the non-test
database. Used with --count and --conditions to limit
which records are added to the fixture.
--schema, -s Create a fixture that imports schema, instead of
dumping a schema snapshot into the fixture.
--table The table name if it does not follow conventions.
--theme, -t The theme to use when baking code. (choices:
Bake|Migrations)
--verbose, -v Enable verbose output.

プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。