スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

xcode7のsymbolicatecrashの位置

xcode7でsymbolicatecrashの位置がまた変わってるみたいなのでメモ。

/Applications/Xcode.app/Contents/SharedFrameworks/DVTFoundation.framework/Versions/A/Resources/symbolicatecrash

ちなみに

xcode6
/Applications/Xcode.app/Contents/SharedFrameworks/DTDeviceKitBase.framework/Versions/A/Resources/symbolicatecrash

xcode5以前
/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/Developer/Library/PrivateFrameworks/DTDeviceKitBase.framework/Versions/A/Resources/symbolicatecrash
スポンサーサイト

bundle instarllでdevelopmentグループがインストールされない

Railsをインストールして、
rails g controller Home
とかでコントローラーを作ろうと思ったら、下記のようなエラーが発生した。
`require': Could not load the 'listen' gem. Add `gem 'listen'` to the development group of your Gemfile (LoadError)
Gemfileファイルには確実にgem 'listen'があるのになんでだろう・・・と思っていたら、完了のメッセージのところに
Gems in the groups development and test were not installed.
と。
bundle instarllでdevelopmentグループがインストールされないようだった。
参考にしたサイトに
bundle install --path vendor/bundle --without development test
とwithoutオプションが記載していたのが原因だったみたい。
で、オプションとかを一度付けると、bundle install だけでインストールが出来るようにキャッシュファイル的なものを作ってくれるらしい。
場所は、プロジェクトルート配下の
.bundle/config
これを消してから、再度
bundle install --path vendor/bundle
だけしたら、動くようになりました。

参考サイト
[Rails3] Bundlerを使ってGemファイルをインストール

aapt d xmltreeでAndroidManifest.xmlの中身を見ようとした時に出たエラー

aapt d xmltreeでAndroidManifest.xmlの中身を見ようとした時に出たエラーの解決方法のメモ。
It appears you do not have 'build-tools-23.0.1' installed.
Use the 'android' tool to install them:
android update sdk --no-ui --filter 'build-tools-23.0.1'
こんなエラーが出ていた。
書いてある通りに
android update sdk --no-ui --filter 'build-tools-23.0.1'
を実行すると
Error: Ignoring unknown package filter 'build-tools-23.0.1'
Warning: The package filter removed all packages. There is nothing to install.
Please consider trying to update again without a package filter.
と怒られる。

この解決法は、下記。
android list sdk -a

でsdkのリストを見る。そうすると
Packages available for installation or update: 154
1- Android SDK Tools, revision 25.1.7
2- Android SDK Tools, revision 25.2 rc1
3- Android SDK Platform-tools, revision 24
4- Android SDK Build-tools, revision 24
5- Android SDK Build-tools, revision 23.0.3
6- Android SDK Build-tools, revision 23.0.2
7- Android SDK Build-tools, revision 23.0.1
8- Android SDK Build-tools, revision 23 (Obsolete)
9- Android SDK Build-tools, revision 22.0.1
こんな感じでSDKの一覧が出てくる。
今回出ていたのは、23.0.1なので、
android update sdk -a -u -t 7
で、アップデートできた。
※ 7- Android SDK Build-tools, revision 23.0.1 の、先頭の 7 を -tのオプションに設定する。
※ その前に android update sdk --no-ui で、--filter無しのもやっといた方が良いかも。

参考サイト
failed to find Build Tools revision 21.1.1 - sdk up to date

apkの中のAndroidManifest.xmlの中身を見る方法

apkの中のAndroidManifest.xmlの中身を見る方法をメモ。
  1. apkの拡張子をzipに変更する。
    例:app-release.apk → app-release.zip
  2. zipを解凍して、中にあるAndroidManifest.xmlを取り出す。
    このままだと見れない。。
  3. 下記でxmlの中身が見れるようになる。
    aapt d xmltree <APK_FILE_PATH.apk> AndroidManifest.xml

    例:
    aapt d xmltree app-release.apk AndroidManifest.xml
  4. minSdkVeirsionなどは、
    A: android:minSdkVersion(0x0101020c)=(type 0x10)0x16
    のような形式で出力されている。0x16というのが、APIレベル22を表している。
    詳細はこちらを参考に。


  5. 参考サイト
    apkからAndroidManifest.xmlを取得
    APKに含まれているAndroidManifest.xmlの内容を確認する

macでputty形式の秘密鍵をopenssh形式に変換する方法

macでputty形式の秘密鍵をopenssh形式に変換する方法をメモ。
$ brew install putty
$ puttygen id_rsa.ppk -O private-openssh -o id_rsa

id_rsa.ppkが入力するppk
id_rsaが、出力するファイル名

ターミナルでsshする際は、
chmod 600 id_rsa
しとくこと。

参考サイト
MacでPuttyのPPK形式をOpenSSH形式に変換する

itamaeをbundlerでインストールした時とgemでインストールした時の実行の仕方の違い

itamaeだからってわけじゃないのかもしれないけど、わかってなかったのでメモ。
# gem install itamae
でインストールした時は
# itamae
だけで実行可能。

bundlerでインストールした時は
# bundle exec itamae
で実行する。

vagrantで"Failed to mount folders in Linux guest"のエラーの対処法

vagrantで色々環境いじっていたら、vagrant upすると急にこんなエラーが発生するようになった。
Failed to mount folders in Linux guest. This is usually because
the "vboxsf" file system is not available. Please verify that
the guest additions are properly installed in the guest and
can work properly. The command attempted was:

mount -t vboxsf -o uid=`id -u vagrant`,gid=`getent group vagrant | cut -d: -f3` vagrant /vagrant
mount -t vboxsf -o uid=`id -u vagrant`,gid=`id -g vagrant` vagrant /vagrant

The error output from the last command was:

/sbin/mount.vboxsf: mounting failed with the error: No such device

vagrant ssh で、ゲストOSにはログインが出来たのでログイン後に下記コマンド
# sudo /etc/init.d/vboxadd setup

Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules [ OK ]
Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
Building the main Guest Additions module [ OK ]
Building the shared folder support module [ OK ]
Building the OpenGL support module [失敗]
(Look at /var/log/vboxadd-install.log to find out what went wrong)
Doing non-kernel setup of the Guest Additions [ OK ]
失敗が出てるけど、これで再度vagrant halt → vagrant up でうまく起動が出来た。

参考サイト
vagrantでmountエラーの解決方法

プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。