スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHPでexcelを作成!!

ショッピングカートとかを作っていると、請求書とか納品書を出力する場面が出てくるんですが、今まではPDFとかにしてそこに、FPDFとかを使って座標位置とかで納品書を作っていたんですが、何の気なしに検索してみたら発見!

PHPでExcelを操作・作成出来るPHPExcel
2年くらい前からあるみたいですが、使えるようになれあかなり便利ですね。

簡単な使い方は下記URLを参照

http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/03/06/phpexcel/002.html



ただ、PHP5.2以上らしい。
今のサーバー5.1なんですよねぇ・・・。


とりあえず、テンプレートのxlsを読み込んで、それに追記して、ダウンロードさせるやり方。
excel2007がいいらしいけど、持って無いので2003とかの方で試してみました。


// 必要なクラスをインクルード
set_include_path(get_include_path() . PATH_SEPARATOR . './PHPExcel/Classes/');
include 'PHPExcel.php';
include 'PHPExcel/IOFactory.php';

// ファイルを読み込み
$reader = PHPExcel_IOFactory::createReader('Excel5');
$xl = $reader->load("template.xls");

// セルの値を設定
$xl->getActiveSheet()->setCellValue('A1', date('Y年m月d日'));
$xl->getActiveSheet()->setCellValue('A2', '文字');
$xl->getActiveSheet()->setCellValue('A3', 123);
$xl->getActiveSheet()->setCellValue('A4', '=A3 - 100');

$writer = PHPExcel_IOFactory::createWriter($xl, 'Excel5');
#$writer->save("output.xls");
ob_end_clean(); // 出力バッファをクリア

header("Pragma: public");
header("Expires: 0");
header("Cache-Control: must-revalidate, post-check=0, pre-check=0");
header("Content-Type: application/force-download");
header("Content-Type: application/octet-stream");
header("Content-Type: application/download");
header("Content-Disposition: attachment;filename=output.xls);
header("Content-Transfer-Encoding: binary ");
$writer->save('php://output');
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。