スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UIImageの使い方

UIImageの使い方について。

UIImageのimageNamedはMainBandleからファイル名で簡単に画像をロードできます。

UIImageView *image = [UIImageView imageNamed: @"image.png"];

これは、サムネイルとか一時的に大量に表示させたい画像の時は向いていないらしい。

そんな時は

NSString *path= [[NSBundle mainBundle] pathForResource:@"star" ofType:@"png"];
UIImage *image= [[UIImage alloc] initWithContentsOfFile:path];
cell.thumb.image = image;
[image release];

のように、生成すると良い。

URLからUIImageを生成するときは一旦NSDataを作る。

NSString *path = @"http://画像のURL";
NSURL *url = [[NSURL alloc] initWithString:path];
NSData *data = [[NSData alloc] initWithContentsOfURL:url];
UIImage *image = [[UIImage alloc] initWithData: data];
cell.thumb.image = image;
[url release];
[data release];
[image release];
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。