スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

URLLoaderで読み込んだ画像を使いまわす

URLLoaderで読み込んだ画像を使いまわす方法。
普通に

var urImage:URLRequest = new URLRequest( url );
var myLoader:Loader = new Loader();
myLoader.contentLoaderInfo.addEventListener(Event.COMPLETE, imageLoadComplete(myLoader));
myLoader.load(urImage);

で読み込んで、完了イベントで

private static function imageLoadComplete(myLoader):Function
{
return function(e:Event)
{
_root.mc1.addChild(myLoader);
myLoader.width = 100;
myLoader.height= 100;
_root.mc2.addChild(myLoader);
}
}

みたいに、サイズだけ変えて使いまわしたい時、上記だと使いまわせない。
下記のようにBitmapにコピーしてから使いまわす。
うまくいくし、早いらしい。

var bmData:BitmapData = new BitmapData(myLoader.width, myLoader.height);
bmData.draw(myLoader.content);
var bm:Bitmap=new Bitmap(bmData);
_root.mc1.addChild(bm);

bmData = new BitmapData(myLoader.width, myLoader.height);
bmData.draw(myLoader.content);
var bm2:Bitmap=new Bitmap(bmData);
bm2.width = 100;
bm2.height=100;
_root.mc1.addChild(bm2);

スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。