スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

swiftでsha256

swiftでsha256変換する方法のメモ。

1.xcodeで、Project navigatorを開いて、AppDelegate.swift あたりを選択して command + N で、Headerファイルを作成する。
ファイル名は、ProjectNmae-Bridging-Header.h とかで。
201502131.png

2.ProjectNmae-Bridging-Header.h の中身を下記のようにする。
#ifndef ProjectNmae-Bridging-Header_h
#define ProjectNmae-Bridging-Header_h

#import <CommonCrypto/CommonCrypto.h>

#endif
#ifndefとか#defineの部分は、初期のままで問題なし。

3.XcodeのターゲットアプリケーションのBuild Settingsで"Objective-C Bridging Header"に先ほどのProjectNmae-Bridging-Header.hを指定する。
$(SRCROOT)/$(PROJECT)/ProjectName-Bridging-Header.h

201502132.png
念のため、出てきたパスにProjectNmae-Bridging-Header.hのファイルがちゃんとあるか確認。
パスが間違ってるとコンパイルエラーになる。

4.使いたいswiftファイルでstringのextensionを作る。
extension String {
func sha256String() -> String {
let cstr = self.cStringUsingEncoding(NSUTF8StringEncoding)
let data = NSData(bytes: cstr!, length: countElements(self))

var digest = [UInt8](count: Int(CC_SHA256_DIGEST_LENGTH), repeatedValue: 0)

CC_SHA256(data.bytes, CC_LONG(data.length), &digest)

var output = NSMutableString(capacity: 64)
for var i=0; i<32; i++ {
output.appendFormat("%02x", digest[i])
}

return output as String
}
}


5.stringの関数として使えるようになる。
var str: String = "abc"
println(str.sha256String())



参考サイト
SwiftからObjective-Cのライブラリを使ってみる
SwiftからObjective-C のヘッダファイルを読み込む方法
HMAC-SHA1 in Swift
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。