swiftのUITextFieldでpaddingを指定する方法

swiftのUITextFieldでpaddingを指定する方法をメモ。

UITextFieldを継承したクラスを作ってやってみました。
class MyTextField : UITextField {

required init(coder aDecoder: NSCoder) {
super.init(coder: aDecoder)
self.setting()
}

override init(frame: CGRect) {
super.init(frame: CGRectMake(0, 0, 0, 0))
self.setting()
}

override init() {
super.init()
self.setting()
}

func setting() {
self.setPadding()
}

private func setPadding() {
let v = UIView(frame:CGRectMake(0, 0, 10, self.frame.height));
v.backgroundColor = .clearColor()
self.leftView = v
self.leftViewMode = .Always
}
}
この作成したクラスをstoryboradのcustome classで指定すればOK。

参考サイト
[iOS] UITextFieldでパディングを設定する方法
【Objective-CとSwift比較】※今後追加予定
UITextField Class Reference
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事