スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UIColorの使い方と16進数カラーコードからの変換

UIColorの使い方と16進数カラーコードからの変換の仕方。
UIColorの宣言の仕方は
let color:UIColor = UIColor(red:0.0,green:0.5,blue:1.0,alpha:1.0)
で出来る。
RGBを0.0〜1.0の間で指定する必要がある。

これをswiftのextensionにする方法
extentions.swift というファイルを新規でプロジェクト内に作成して、下記の内容で保存する。
extension UIColor {
class func hex (var hexStr : NSString, var alpha : CGFloat) -> UIColor {
hexStr = hexStr.stringByReplacingOccurrencesOfString("#", withString: "")
let scanner = NSScanner(string: hexStr)
var color: UInt32 = 0
if scanner.scanHexInt(&color) {
let r = CGFloat((color & 0xFF0000) >> 16) / 255.0
let g = CGFloat((color & 0x00FF00) >> 8) / 255.0
let b = CGFloat(color & 0x0000FF) / 255.0
return UIColor(red:r,green:g,blue:b,alpha:alpha)
} else {
print("invalid hex string")
return UIColor.whiteColor();
}
}
}

これで下記の方法で使える。
UIColor.hex("45fb4b", alpha: 0.8)


参考サイト
UIColorを16進から取得
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。