自作のviewをxibで作る方法のメモ

自作のviewをxibで作る方法のメモ。

1.xibを作成する。(CustomView.xib)
2.xibにUILabelを配置する。
3.CustomView.swift を新規に作成
import UIKit
class CustomView : UIView {
class func instance() -> CustomView {
return UINib(nibName: "CustomView", bundle: nil).instantiateWithOwner(self, options: nil)[0] as CustomView
}
}
4.xibに戻って、PlaceHoldersのFile's Ownerと、ルートのViewの2箇所ののCustom Classを 作成したViewファイル名(ここでは"CustomView")に変更する。
5.UILabel にoutletを貼る。この時、xibのUILabelから、ドラッグしてCustomView.swiftの方に接続をする時に、出てくるダイアログで、objectの項目をFile's OwnerからCustom Viewの方に変更をする。
2015-03-09-236.png
6.ViewControllerで、ViewをaddSubViewする。
override func viewDidAppear(animated: Bool) {
super.viewDidAppear(animated)
self.view.addSubview(CustomView.instance())
}


参考サイト
Xcode6で「.xibファイル」+「自作UIViewクラス」で、汎用できるViewを作りたい
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事