ConoHaのVPSサーバー立ち上げる時にやる事をメモ - webサーバー1

転送料無料、初期費用無料、オールSSD…こんなVPS、日本にたった一つ

       月額900円からの「ConoHa VPS」


ConoHaのVPSサーバー立ち上げる時にやる事をメモ。


事前準備


ConoHaでVPSサーバーを新規に作成して、rootでログインが出来ること。
作り方はチュートリアルのVPSを追加するを参照
今回は、CentOS7.2で作成する場合のメモ。

root以外のユーザーを作成してSSHログイン出来るようにするまで


  1. yum をアップデート
    $ yum update
  2. root以外の作業用ユーザーを作成してパスワードとsudo出来るように設定。
    $ adduser username
    $ passwd username
    $ gpasswd -a username wheel
    ※ ConoHaは、visudoの%wheel ALL=(ALL) ALLがはじめからコメントアウトされてたので、これだけでsudo出来るみたい。
  3. 公開鍵と秘密鍵を生成する。
    作成方法はConoHaのマニュアルのOS XからSSH接続をするなどを参照する。
  4. 新規作成ユーザーと作成した秘密鍵ででログイン。
  5. sudoとか出来る事を確認。
  6. rootのログインと、パスワードを使ってのログインを出来ないようにする。
    ※ rootに戻って実行する。もしくはsudoで。
    $ sed -i 's/^PermitRootLogin.*$/PermitRootLogin no/' /etc/ssh/sshd_config
    $ sed -i 's/^#PermitEmptyPasswords.*$/PermitEmptyPasswords no/' /etc/ssh/sshd_config
  7. SSH接続するportを22から変更(10022にする場合)
    $ sed -i 's/^#Port.*$/Port 10022/' /etc/ssh/sshd_config
    $ cp /usr/lib/firewalld/services/ssh.xml /etc/firewalld/services/ssh.xml
    $ sed -i 's%$%%' /etc/firewalld/services/ssh.xml
    $ firewall-cmd --reload



参考サイト
このべん
ConoHaでVPSを借りて、SSH接続などの初期設定
ConoHa と CentOS7 でサーバー構築
ConoHaのVPSにWEBサーバを構築する
評判のConoHa VPSを使うときに最初にやっておきたいこと(CentOS編)
VPSのユーザー追加とrootログイン禁止(ConoHaの場合)
[ConoHa]登録からSSHログインまわりの設定まで
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事