meta keywordsについて

引用先

グーグル
これまで言われてきたように、meta keywordsを無視する。ランキングには影響を与えないし、インデックスもしない。まさしく、meta keywordsタグは無意味。

ヤフー
meta keywordsタグのサポートを数か月前に止めたと代表がコメントしたが、正確な発言ではなかった。インデックスはしている。ただし、ランキングを左右する指標としては、非常に影響の小さな要素である。

検索結果に影響を与えるのは、meta keywordsタグにしか存在しないキーワードが対象になる場合だけだ。つまり、コンテンツ本文、titleタグ、アンカーテキストなどにキーワードが存在すれば、meta keywordsタグにそのキーワードがあっても、プラスに働くことはない。どこにも見つからないときに最後のより所として、meta keywordsタグを見に行くのだ。

Bing
Bingも、グーグルと同じく無視する。ランキングには効力がないし、インデックスもしない。Bingのイアン氏は数年前からサポートしていないと公言しており、ダニー・サリバン氏も無視することを自身で確認している。しかし、Bingは公式ブログで、検索順位の要因にはしないものの、適切なキーワードを記述することを推奨していた。だがこれは、meta keywordsタグのことをよくわかっていない人が、古いSEOをどこかからコピーしてきて転載したように見えるとのこと。


簡潔にまとめると、グーグルとBingは完全無視。ヤフーはインデックスこそするものの、利用するのはmeta keywordsにしか出現しないような極めて稀なキーワードが検索されたときだけである。

なお無視するからといって、meta keywordsタグを使ってはいけないと主張する意図はない。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

U2K

Author:U2K
いろいろプログラムに関しての覚え書きをちょくちょくと書いていきます。

オススメ










オススメ

忍者AdMax

u2k on Twitter

最近の記事